土岐事業所

アマダグループ切削・研削盤の研究、開発、製造拠点である土岐事業所は、2011年に創業を開始しました。土岐事業所は、ゼロ・カーボンをコンセプトにした環境配慮型の省エネ・高効率な拠点であり、お客さまの視点で3S+E(Safety:安全操作、Security:安心加工、Surroundings:周辺配慮、Energy:省エネルギー)のコンセプトに基づいた商品の研究、開発、製造を行っています。2017年9月、パンチング金型の製造を行うT876工場が稼働しました。

土岐テクニカルセンター

アマダグループが⻑年培ってきた切削・研削加工技術を結集し、お客さまの生産課題を迅速に解決いたします。

開発・製造から一貫した拠点ならではのイベントや研修などを開催しています。QCD(品質・コスト・納期)の優れたソリューションを、世界に向け発信する情報発信基地です。

開発

3次元CAD/CAMを活用してバーチャルの世界で“商品”をつくり上げるフロントローディング開発により、開発から商品化までの時間とコストを削減。また、マシン、装置、ソフトウエア、加工技術などを並行して開発するコンカレント開発によって、開発スピードを短縮しています。

製造

最終仕様に基づき、各機能モジュールの生産、屋台ブースでの組み立てなどの生産システムと部品発注や進捗管理などの生産管理システムを構築していきます。

最新鋭自動化IoT金型工場

お客さまにお使いいただくパンチング金型を「より速く」「より確実に」提供する、最新鋭設備によるパンチング小径金型の自動化・IoT化工場です。

アマダの製品・製品の修理/復旧、および企業活動についてのお問い合わせ窓口をご案内しております。