講座の紹介

講座の全体構成

本講座は、大きく「3つのカテゴリー」に分類されます。
現場で活躍が期待できる「総合的な板金技能」の修得が最大の目的です。
また、現場作業で必要になる「7つの公的資格」取得も含まれます。

主な対象者を、就業経験のない新卒者や職務経験の短い若手を想定して、寮生活と技能訓練を通して、社会規範や日常習慣、マナー、職務役割の日常訓練等で、「社会人として一人前」を目指すカリキュラムも組み込まれています。

技能講座

板金加工の専門知識と、マシン/ソフト操作、品質を満たす加工技能の習得

  • 基礎から板金専門知識と機械操作、段取り技能等を習得していきます。
  • 最新マシン/ソフト使いながら、加工ポイントや作業のコツを修得します。
  • 高難易のASSY課題や、自社製品、自由設計品等を製作し、QCDを満たす加工技能を訓練します。
    (各種ソフトインストール済み 高機能ノートPCを個人貸与)
  • 最先端を進む「板金企業見学と経営者懇談」の機会に、技術力の差別化や、現場運営管理等のポイントを説明いただけます。

※写真をクリックすると、
他の画像がご覧いただけます

技能講座

資格取得講座

現場作業で必要となる「7つの公的資格」(略称)

  • 床上操作式クレーン運転技能
  • 玉掛け技能
  • フォークリフト運転技能
  • 動力プレス金型等の取付け取外し等の業務
  • 産業用ロボットの教示等の業務
  • 研削といしの取換え等の業務
  • アーク溶接等の業務

人材育成講座

社会人/職業人に必要なヒューマンスキルと自己啓発

  • 社会人の心構えや態度、日常行動、マナー等、日常生活で訓練を行います。
  • 職業人が必要な役割行動(報連相など)、プレゼンテーションも学びます。
  • 職場で重要な対人関係を良好に保つコミュニケーション力を高めます。
  • 公共展示会の視察や、最新設備動向、各種講演などで、世の中の将来予測情報に触れる機会が設けられています。
  • 企業見学時の経営者懇談や座談会では、アドバイスや貴重な体験話も伺えます。

※写真をクリックすると、
他の画像がご覧いただけます

人材育成講座

ページトップに戻る