AMADA

AMADA

CLOSE

挑戦しながら見つけた、
自分の強みが活きる仕事

山口 穂乃香

2018年度入社 エンジニア/コンサルティングエンジニア

お客さまや先輩から板金加工を学ぶ

私は高校卒業後にマレーシアの大学に進学し、経営学を専攻しました。当時、現地のメーカーでのインターンシップに参加する機会があり、モノづくりの楽しさを 感じたことから、機械業界へ興味を持つようになりました。同時に、将来は自分の強みである異文化対応力やコミュニケーション能力などの強みが活かせる仕事に携わりたいと思うようになり、アマダへの入社を決意しました。 現在は、コンサルティングエンジニア(CE)として働いており、そのなかでもベンディングロボットを担当しています。板金の加工には金属を「曲げる」という作業があり、従来は人が行っていたその作業を、ロボットに変えることによるメリットをお客さまに提案することが主な仕事です。それぞれの機械の特徴や機能を説明するだけではなく、お客さまが抱えている加工課題や意見をくみ取り、最適な技術提案をしていくことが求められます。入社当初は板金加工のことなど何も分からない状態でしたが、先輩方に色々教えていただきながら、多くのお客さまに携わらせていただくことで、知識や経験が増えていきました。

丁寧なヒアリングと提案

これまで多くのお客さまを担当させていただくなかで、競合他社のマシンを使用しているお客さまに提案をする機会もありました。競合他社にはないアマダのマシンの強みを分析し、提案すると同時に、お客さまの抱える疑問や不安を一つひとつ丁寧にヒアリングし対応することを心掛けました。すると、「こんなに難しい製品が曲がるとは思っていなかった」という嬉しいお言葉をいただきました。これまでの経験で蓄積してきたノウハウや知識を活かした提案が実現したので、仕事を続けてきて良かったなと思える瞬間でした。

挑戦することでステップアップに

海外では、ベンディングロボットの操作ができる人はまだまだ少ない状況です。そこで私は入社2年目の時、海外でロボットの操作ができる人材を増やすために、現地の人々を集め、操作教育をする企画を立案しました。周囲の先輩からアドバイスをいただきながら、教育内容を検討し、当日の運営まで担当。自分の語学力を活かす機会にもなり、改めてアマダには挑戦できる風土があることを実感しました。若手の頃から挑戦することにより、自身のステップアップにつなげられることがアマダの魅力のひとつだと思います。

[MOVIE]

AMADA INTERNSHIP 2024

挑戦し続けるあなたと、
未来へ。

募集要項/選考情報を見る

ENTRY