AMADA

AMADA

CLOSE

挑戦したことで見えてきた、
モノづくりの新たな視点

望月 宏太朗

2010年度入社 / エンジニア / 生産技術

モノづくりの効率を追求する

生産技術は、モノづくりの効率を追求する仕事。材料が調達されてから製品が出来上がるまでの生産工程を様々な視点から分析し、QCD (いいものをより安くより速く作れるか)を追求していきます。入社当初は、生産技術の知識がほとんどない状態でしたので、実際に仕事が遂行できるかという不安はありましたが、上司や先輩方からアドバイスを受けながら、今に至ることができています。 モノづくりの全ての流れに関われることがこの仕事の醍醐味です。生産工程を考えるには開発と製造の両方の知識が必要になります。また、開発・製造だけでなく資材部、生産管理部との橋渡し役も兼ねているので、多くの部署とコミュニケーションをとりながら進めていくこともやりがいに繋がっています。難しいことも多いが、自分で考察して、検証してそれが合っていた際には嬉しいです。

新しい挑戦から得た視点

以前、物流の工程改善を企画から実行まで一貫して担当したことがあります。周りの部署の方とコミュニケーションを取りながら試行錯誤し、最善の方法を考えて実行。最終的に運用まで至ることができました。当初は不安もありましたが、達成した時にはとても嬉しかったです。今まではモノづくりを部分的な視点でしか見ていなかったのですが、生産技術では全工程を見て最適を考えるため、全体を俯瞰する力を身に付けることができました。

現場から頼られる技術者に

日々の業務では、製造現場の様々な問題に対応することがありますが、現場の問題を解決したときに感謝されたり、自分が考えたものが形になって実際の製造工程の中で使っていただいていたりするのを見るとやりがいを感じます。 些細なことでも何か困ったことが発生した時には、「望月に相談してみよう」「望月に聞けば大丈夫」と思ってもらえる、そんな頼れる技術者になりたいです。

[MOVIE]

AMADA INTERNSHIP 2024

挑戦し続けるあなたと、
未来へ。

募集要項/選考情報を見る

ENTRY