AMADA

AMADA

CLOSE

「誇れる機械を作る」ために、
視野を広げていく

岩松 剛

2015年度入社 / エンジニア/開発

従来通りにいかないからこそ、面白い

私はレーザ加工機の開発を担当し、新機種の設計に携わっています。現在は機械の一部であるモジュールを担当し、図面設計や完成品の性能の評価、信頼性の評価をするのが主な仕事です。 開発の流れとしては、新しい機械のコンセプトを決定後、その機能を満たすための根本的な機構を考え、図面化や設計を行います。本体のメインとなるフレームや、その上で動く加工機部分、レーザを出す部分等、それぞれを担当者が設計します。 設計をしていると、従来通りの形状では成立しない部分が出てくることがあり、現在の機種で成立させるための方法も検討します。可能な限りコンセプトを保ちつつ、どう機能を成り立たせるかという点で苦労しますが、自分で設計したものがそのまま形になるため、完成した時には開発者としてのやりがいを感じています。

人から人へ、技術を受け継いでいく

私のモットーは「誇れる機械を作る」こと。自己満足の機械を作るのではなく、実際にお客さまが使っていただいた時に満足していただけるよう、お客さまが触れる部分は特に妥協せずに設計することを意識しています。 日々の開発作業のなかで、先輩たちが様々な知識を集め、何度もトライ&エラーをしながら設計していく姿を見てきました。業務で困ったことがあれば先輩がいつでもアドバイスをくれ、そのおかげで課題が解決したこともありました。そんな先輩たちを尊敬していますし、私も後輩にアドバイスをし、正しい知識を受け継いでいきたいと思っています。

様々な分野の人との関わりを大切に

現在は、先輩にアドバイスをいただきながら、日々の業務に取り組んでいますが、将来的には、自分がメイン担当となり後輩にアドバイスをしつつ、機械の軸となる開発に携わりたいと考えます。 機械をつくる上で大切なことは、専門的な設計の知識だけでなく、多くの部署の人たちと協力すること。様々な意見に耳をかたむけ、多様な分野の方とコミュニケーションを図ることが開発には必要だと感じています。日頃から様々な方面に目を向け、次の開発に活かしていきたいです。

[MOVIE]

AMADA INTERNSHIP 2024

挑戦し続けるあなたと、
未来へ。

募集要項/選考情報を見る

ENTRY