板金加工

ID-TOGUカタログ閲覧

ID 金型対応自動金型研削機

金型研削をデジタル管理。スキルレスで適正な研削を実現

ID-TOGU

板金加工の品質に欠かせない要素として金型のメンテナンスは重要ですが、メンテナンスを行うタイミングや目安は、作業者のカンや経験を頼りに行われているのが現状です。

“ID-TOGU”はAITS サーバーから金型研削量を自動取得するので、常に最適な研削が可能です。カンや経験の“金型メンテナンス”から“デジタル金型メンテナンス”へ

■ 特長① 簡単な操作で適正な研削
ID 情報を読み込むだけでAITS サーバーから研削量を自動取得します。金型をセットした後はスタートボタンを押すだけで研削を開始します。
■ 特長② 研削後の金型情報をスキルレスで共有化
測長機能により、研削後の金型を測長します。測長値をAITS サーバーに転送することで、金型コンディションのデジタル管理と最適な条件でパンチング加工することが可能です。

※ AITSサーバーが必要です。

スペック詳細

 

加工径
(mm)

加工高さ
(mm)

といし
(mm)

金型ハイト測長範囲
(mm)

供給電源

ID-TOGU

φ1.51〜160

チャック爪高さ
〜150

CBN φ135

28~209

3相200V
(50/60Hz)
2.5kVA

※この商品は日本国内向けです。