板金加工

EM-NT シリーズ

ネットワーク対応 NCタッピングマシン

作業効率(加工時間の短縮と段取りの削減)を一気に高める

CTS-900NT

タップ作業を自動化し、NCT、レーザマシンなどとの多台持ちを可能にした画期的なタッピングマシン。

データの一元管理により情報検索をスピーディーに行い、同時にプログラムの自動作成や加工経路の最適化などAMNC/PCの強みをフルに発揮します。

■ 特長① プログラム自動作成
内段取り工数の削減
タップ忘れ等の防止、ムダな検査工数削減
■ 特長② 加工経路の最適化
効率的な加工経路を自動プログラミング
■ 特長③ データ管理と活用
ミスの防止に不可欠な加工履歴の管理
製品に合わせた給油回数の設定が可能
■ 特長④ 新開発「4軸タッパー」
ワンタッチカプラー方式で素早いタップ交換が可能
加工軸速度の大幅アップ
セミドライ加工に対応

加工サンプル

サンプル1

スペック詳細

 

加工範囲
(mm)
X × Y

板厚
(mm)

材質

位置決め精度
(mm)

ネジ加工精度

CTS-900NT

0~2700×0~1100

0.8~4.5

SPCC/SPHC/SUS/AL

±0.15

JIS2級

※この商品は日本国内向けです。