企業情報

沿革

アマダの1940年代からの沿革です。

2010年代

レーザの新しい時代を拓く

2014年8月

アマダエンジニアリングがアマダオートメーションシステムズに社名変更

2014年7月

研削機能付き対向2スピンドル複合加工機V-8Gが第44回機械工業デザイン賞で日本力(にっぽんぶらんど)賞を受賞

2014年5月

アマダUK(イギリス)にテクニカルセンターオープン

2014年4月

ミヤチテクノスがアマダミヤチに社名変更

2014年1月

シートセンターLASBEND-AJが2013年度十大新製品賞増田賞を受賞

2013年12月

ファイバーレーザマシンFOL-3015AJおよびパンチ・レーザ複合マシンACIESシリーズが、環境省の平成25年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰受賞

2013年7月

全自動曲げ加工システムEG-6013ARが第43回機械工業デザイン賞で経済産業大臣賞受賞

2013年6月

ドイツ南部にテクニカルセンターオープン

2013年5月

中国 上海市に上海事業所オープン

2013年3月

ミヤチテクノスを子会社化

2013年2月

アメリカ カリフォルニア州にブレア工場オープン

2012年8月

中国 Ningbo CFG マシナリーインダストリアル社とプレスマシンの製造で提携

2012年7月

ブラジル サンパウロ近郊にテクニカルセンターオープン

2012年6月

イタリア プリマインダストリー社とパネルベンダーの開発・製造分野で業務提携
アマダアメリカ ロサンゼルスにテクニカルセンターオープン

2012年4月

ドイツに開発会社アマダアドバンステクノロジー設立

2012年4月

中国 上海市に天田(中国)有限公司設立

2012年2月

アマダ・スイス設立

2012年1月

ファイバーレーザマシンFOL-3015AJが2011年度十大新製品賞増田賞を受賞

2011年11月

岐阜県土岐市に土岐事業所をオープン。
工作機械・切削事業の開発・製造・販売・サービス拠点

2011年10月

東大阪市に関西テクニカルセンターをオープン

2011年8月

アマダ・ブラジル設立

2011年4月

アマダインド テクニカルセンターオープン(インド・バンガロール)

2011年4月

アマダマシンツールとアマダマシンツールエムエフジーが合併。切削および工作機械の製造・販売が一体に

2011年4月

アマダツールテクニカがアマダの金型販売部門と一体となり、アマダツールプレシジョンに商号変更

2011年1月

地域統括会社 アマダアジア設立

2010年11月

アマダコリア テクニカルセンターオープン

2010年7月

ファイバーレーザ発振器 開発成功を発表

2010年7月

アマダマシンツールヨーロッパ テクニカルセンターオープン

2010年6月

アマダイタリア 新社屋とテクニカルセンターオープン

2010年6月

天田(連雲港)机床有限公司設立

2010年5月

アマダベトナム新社屋とテクニカルセンターオープン

2010年4月

アマダグループ環境宣言 発表

2010年1月

アマダカッティングテクノロジーズとアマダワシノアメリカを合併し、アマダマシンツールアメリカを設立

2010年1月

欧州(本社・イタリア)に欧州でのエンジニアリング能力を強化する統括組織 アマダエンジニアリングヨーロッパを新設

ページトップに戻る

2000年代

開発センターとレーザ専用工場を竣工

2009年10月

切削マシンを担当する株式会社アマダカッティングと工作機械を担当する株式会社アマダワシノを合併し、販売会社 株式会社アマダマシンツールと製造会社 株式会社アマダマシンツールMFGを発足
また欧州(本社・ドイツ)にも、切削マシンと工作機械の販売会社アマダマシンツールヨーロッパを新設

2009年10月

アマダベトナム設立

2009年10月

富士宮事業所にパーツセンターを稼働

2008年4月

株式会社テクノワシノを株式会社アマダワシノに商号変更

2008年4月

株式会社アマダプレステックを当社に吸収合併し、プレスの販売・サービス事業を当社に集約

2007年3月

富士宮事業所に開発センターとレーザ専用工場を竣工

2007年1月

アマダアメリカが、アマダノースアメリカに商号変更するとともに、事業部分を分割して新たにアマダアメリカ(連結子会社)を設立し、持株会社化

2005年8月

アマダアメリカがアマダエムエフジーアメリカを吸収合併

2003年10月

当社が株式会社アマダマシニックスを吸収合併

2002年10月

グループの研究開発会社である株式会社アマダ電子および株式会社アマダエンジニアリングセンターを吸収合併し、研究開発機能を当社に集約

2002年10月

株式会社綜合安全技術センターと株式会社ワシノエンジニアリングが合併し、株式会社アマダプレステックが発足
同時に当社プレス商品の売上を株式会社アマダプレステックに移し、プレスの販売・サービス事業を同社に移管

2001年7月

アマダアメリカがアマダエンジニアリングアンドサービスを吸収合併

2001年4月

中華人民共和国シンセン市に現地法人アマダ(シンセン)社を設立

2000年4月

株式会社アマダメトレックスを吸収合併

2000年4月

株式会社アマダソノイケが株式会社アマダワシノを吸収合併し、株式会社アマダマシニックスに商号変更

2000年3月

インド マドラス市に現地法人アマダ(インディア)社を設立

ページトップに戻る

1990年代

ソフト工房棟、研修棟「FORUM246」を新設

1999年7月

米国コビントン市に現地法人アマダレーザアメリカを設立

1998年9月

オーストラリア シドニー市に現地法人アマダオセアニアを設立

1998年3月

大韓民国安山市の当社販売代理店であるカンコクアマダ(現アマダカンコク)の全株式を取得し、販売子会社として発足

1998年3月

フランス トレンブレイ・オン・フランス市に現地法人アマダヨーロピアンヘッドクォーターズを設立

1996年6月

中華人民共和国上海市に現地法人アマダ(シャンハイ)を設立

1996年3月

マレーシア クアラルンプール市に現地法人アマダ(マレーシア)を設立

1996年3月

中華人民共和国上海市に合弁会社シャンハイアマダチュウセンを設立

1995年6月

タイ サムトプラカーン市に現地法人アマダ(タイランド)を設立

1994年12月

中華人民共和国連雲港市に合弁会社アマダレンウンコウを設立

1994年9月

香港に現地法人アマダホンコンを設立

1993年3月

中華人民共和国北京市に合弁会社ペキンアマダメトレックス(現ペキンアマダ)を設立

1992年11月

アマダ・マシンツールプラザ第1を新設

1992年4月

ソフト工房棟、研修棟「FORUM246」を新設

ページトップに戻る

1980年代

海外展開が本格化(写真はアマダエスエー)

1989年6月

シンガポールに現地法人アマダシンガポールを設立

1989年4月

株式会社園池製作所が株式会社アマダソノイケに商号変更

1989年4月

ワシノ機械株式会社が株式会社アマダワシノに商号変更

1988年3月

株式会社アマダメトレックスが東京証券取引所市場第一部銘柄に指定

1987年11月

アメリカ ブエナパーク市に現地法人アマダカッティングテクノロジーズを設立

1987年9月

株式会社園池製作所が静岡県富士宮市に富士宮工場(現富士宮事業所)を建設

1987年5月

カナダ グランビー市に現地法人アマダプロメカムカナダ(現アマダカナダエルティーディー)を設立

1986年12月

オーストリア テルニッツ市に現地法人アマダオーストリアを設立

1986年9月

プロメカムシッソンレーマン(フランス)を買収し、アマダエスエー(現アマダヨーロッパエスエー)を発足

1985年7月

株式会社アマダメトレックスが東京証券取引所市場第二部に指定上場

1984年9月

中華民国三重市に現地法人アマダタイワンを設立

1983年1月

アマダ技術サービス株式会社が株式会社アマダメトレックスに商号変更

1982年1月

イタリア ミラノ市に現地法人アマダイタリアを設立

1981年7月

ワシノ機械株式会社が株式会社淀川プレス製作所を吸収合併することにより、同社株式の27.2%を取得

1981年4月

株式会社園池製作所が米国ラ・ミラダ市にユーエスソノイケ(現アマダノースアメリカ)を設立、NC付きタレットパンチプレスの現地生産を開始

1980年4月

株式会社園池製作所が東京証券取引所市場第一部銘柄に指定

1980年1月

アマダ技術サービス株式会社が米国ロサンゼルス市に現地法人アマダエンジニアリングアンドサービスを設立

ページトップに戻る

1970年代

世界に先駆けNC付きタレットパンチプレス「LYLA」誕生

1979年4月

本社ビルを新設

1978年11月

園池販売株式会社がアマダ技術サービス株式会社に商号変更

1978年5月

本社内にアマダマシンツールプラザ(現伊勢原工場)を新設

1978年4月

ワシノ機械株式会社(東京証券取引所、大阪証券取引所、名古屋証券取引所各市場第一部上場銘柄)の第三者割当増資引受により同社株式の16.7%を取得し、メカニカルプレスの製造を委託

1978年3月

園池販売株式会社の株式を株式会社園池製作所より譲り受け、当社商品、製品等のアフターサービスに関する業務を提携

1973年11月

株式会社園池製作所(東京証券取引所市場第二部上場銘柄)の第三者割当増資引受等により同社株式の49.4%を取得し、同社の経営権の移譲を受け帯鋸盤(横型汎用機)および金型(板金用)の製造を委託

1973年7月

株式会社淀川プレス製作所(大阪証券取引所市場第二部上場銘柄)の第三者割当増資引受により同社株式の30%を取得し、あわせてメカニカルプレスの生産を委託

1972年10月

ドイツ デュッセルドルフ市の現地機械商社を買収し、ドイツアマダを発足

1972年8月

英国バーミンガム市に現地法人アマダユーケーを設立

1971年12月

米国ユーエスアマダ(現アマダノースアメリカ)と技術援助契約を締結し、NC付きタレットパンチプレスおよびアイアンワーカーの製造販売を開始

1971年1月

米国シアトル市に現地法人ユーエスアマダ(現アマダノースアメリカ)を設立

ページトップに戻る

1960年代

商品ラインナップの拡充を図る

1969年8月

東京証券取引所、大阪証券取引所市場第一部銘柄に指定

1969年4月

本店所在地を東京都中野区から神奈川県中郡伊勢原町に移転

1967年11月

プロメカムインターナショナル(フランス)と技術援助契約を締結し、シャーリングマシンの製造販売を開始

1965年9月

プロメカムシッソンレーマン(フランス)と技術援助契約を締結し、プレスブレーキの製造販売を開始

1965年4月

ユーエスインダストリー(米国)と技術援助契約を締結し、メカニカルプレスの製造販売を開始

1964年2月

エーエム商事株式会社および株式会社巧技術研究所を吸収合併し、株式会社巧技術研究所を小野工場と改称

1964年1月

商号を変更し、株式会社アマダと称する

1963年1月

兵庫県小野市所在の株式会社巧技術研究所(帯鋸刃の製造業)を系列下に収める

1962年7月

大阪証券取引所市場第二部銘柄に指定上場

1961年10月

東京証券取引所市場第二部銘柄に指定上場

1961年8月

神奈川県中郡伊勢原町に伊勢原工場を新設

1961年7月

株式を東京地区店頭に公開

1961年6月

株式額面変更のため、東京都千代田区に本店を有する株式会社天田製作所(旧商号寿々川礦業株式会社)と合併、合併後本店所在地を東京都中野区に移転する以後株式額面は50円となり、会社の設立は1948年5月1日となる

1960年4月

商事部門を分離してエーエム商事株式会社設立

ページトップに戻る

1950年代

機械メーカーとして縦型帯鋸盤(コンターマシン)第1号機誕生

1956年10月

埼玉県鳩ヶ谷市に川口工場を建設

1956年3月

横型帯鋸盤(カットオフマシン)の生産開始

1955年1月

縦型帯鋸盤(コンターマシン)第1号機完成

1953年10月

株式会社に改組、東京都中野区に本店移転同時に万能金切帯鋸盤の製造販売に着手

ページトップに戻る

1940年代

焼け旋盤1台からの創業

1948年6月

合資会社天田製作所設立

1946年9月

東京都豊島区高田南町にて創業